新着情報

  • お知らせ

「令和元年度 新製剤開発探索研究支援事業」に採択されました。

「令和元年度 新製剤開発探索研究支援事業」に採択されました!!

 

当社の研究が「令和元年度 新製剤開発探索研究支援事業」に採択されました。本研究は、抗がん薬投与に伴う末梢神経障害の予防および治療を目的として、当社開発部と富山大学大学院との共同研究の形で進めています。抗がん薬投与による末梢神経障害は、鎮痛薬や鎮痛補助薬は無効である場合が多く、臨床で大きな問題となっています。当社では、富山大学大学院と共同で末梢神経障害に有効な芍薬甘草湯を用いた外用剤の開発をスタートさせました。外用剤の製造を通じて培った、当社の技術・ノウハウを活用して、末梢神経障害に苦しむ患者様に福音をもたらすことを本共同研究のゴールと位置づけています。

 

《新製剤開発探索研究支援事業》

  • 研究題目と研究内容
    • 抗がん薬による末梢神経障害に対する芍薬甘草湯エキス外用薬の開発
    • 漢方エキス(芍薬甘草湯)を使用した、抗がん剤によるしびれ等の末梢神経障害に効果のある外用剤の開発
  • 研究開発担当者の構成
    • 濱田 和紀(新新薬品工業株式会社 開発部 リーダー)
    • 清岡 隆司(新新薬品工業株式会社 開発部 部員)
    • 田中 寛(新新薬品工業株式会社 開発部 部長)
    • 安東 嗣修(富山大学大学院 医学薬学研究部 応用薬理学研究室 准教授)

 

*新製剤開発探索研究支援事業とは…

製薬企業における製剤開発力の向上と医薬品産業の活性化を目的として、富山県内の医薬品製造販売業者または医薬品製造業者を対象として富山県が実施している助成事業。本事業は、独自性・専門性のある技術や新技術を活用した高付加価値製品の開発に資する研究が対象となっている。